SEOとは?初心者でも押さえたい「3つの対策」と仕組みを紹介!

null



Webサイトの運営やマーケティングに携わっている方で、以下のような疑問を抱えていませんか?

・SEOって何?
・SEO対策をすると何が変わるの?
・どのような対策をとればいいの?

この記事ではこの様な声にお答えします。

この記事のポイント!

・SEO=検索エンジン最適化
・SEOは広告費をかけずに集客できるのがメリット
・SEOで特に重要な視点はユーザーファースト
・SEOでは3つの対策を網羅的に行う必要がある

Webサイトの運営やマーケティングに携わっていると、「SEO(エスイーオー)」という言葉を耳にする機会も多いのではないでしょうか?ですが、どういう意味なのかわからない、何をどう対策すればいいのかわからない!と疑問を抱いていませんか?この記事では、SEOについて初心者でもわかりやすく解説しています。Webサイトの運営やマーケティング初心者の方はぜひ参考にしてください。

SEOとは検索エンジンを使ったマーケティング戦略の一つ

null

SEOとは、検索エンジンを使ったマーケティング戦略の一つです。SEOは、Search Engine Optimizationの略で、日本語にすると検索エンジン最適化になります。具体的には、Googleで検索した際に、自社のWebサイトが表示され、サービスや商品を知らない人に適切に届くようにする戦略を言います。

「SEO対策をしないといけない」こういった言葉もよく聞きませんか?対策するには理由があります。その理由として、自社のサービスや商品をより多くの人に知ってもらうためには、検索結果のページの1ページ目に表示される必要があるからです。4,5ページ目になると、ほとんどユーザーの目には触れられません。多くの人に自社のページに訪問してもらうために、上位に表示されるための対策、つまりSEO対策をするのです。

SEOについて概要が理解できたところで、上位のページに表示されるためには仕組みも知っておきたいですよね。

検索エンジンの仕組み

検索エンジンは、インターネット上に存在する無数のWebページを、リンクをたどることで収集し、収集した情報をデータベース(インデックス)に分類し登録します。クローラと呼ばれるロボットがWebサイトを巡回し、情報を収集していきます。これをクローリングと呼ぶのです。

検索エンジンは、インデックスした情報を様々な要素によって評価を行い、それぞれの検索ワードに合った適切な順番に並べているのです。その結果が、普段私たちが自然検索をしてみているページです。

SEOのメリット|広告費をかけずに集客ができる

SEOについて理解できたところで、SEO対策をするメリットは何か?疑問に思う方もいるのではないでしょうか。メリットは主に以下の2つがあげられます。

・自社のサービスや商品を知ってもらえる機会が増える
・上位表示されている間は、追加のコストをかけずに集客し続けられる

様々なサービスや商品があるなかで、自社ページが上位表示されることで、クリックしてもらえる確率が高まります。また、上位表示されている間は、自社のページへの流入が増えているということなので、つなげたいCV(コンバージョン)にも繋がりやすくなるのです。

SEOのデメリット|効果が出るまで時間がかかる

一方、SEOのデメリットは主に以下の2つがあげられます。

・対策をしてから効果が出るまでに時間がかかる(目安3ヶ月~6ヶ月程度)
・世の中に知られていないサービスや商品の場合、初めは検索されるワードが存在しない

改善施策を実施後、検索エンジンに評価され、順位に表われるまでに時間(3ヶ月~6カ月程度)がかかります。初めは検索されるワードが存在しない場合も考えられます。その対策として、よく検索されるキーワードを使用して検索にヒットされるようにする方法があります。その際、サービスや商品と全く関係のないキーワードを使用するのは、ペナルティを食らう可能性があるので、やめましょう。

SEOで必要な3つの対策

上位表示されるためには、SEO対策をする必要であることがわかりましたね。それでは、具体的にどのような施策をすればいいのか解説していきます。大きく分けると以下の3つになります。

・コンテンツの質の向上
・内部対策
・外部対策

それぞれについて詳しくみていきましょう。

コンテンツの質の向上

上位表示のために必要なSEO対策その1は、コンテンツの質の向上です。ユーザーファーストを求めているGoogleにとって、コンテンツの質の向上がなによりも重要になってきます。例えば、まず、以下の基本的な要素ができているか確認してください。

・読者が主語になっているか
・タイトルと記事の内容が合っているか
・やみくもにキーワードを使用していないか

ユーザーが求める、質の高い記事を作成するためのコンテンツ作りを意識してみましょう。

内部対策

上位表示のために必要なSEO対策その2は、内部対策です。上記の内容も含まれることがありますが、具体的には、自社サイト内で行えるコンテンツやサイト、リンク構造の最適化を言います。つまり、サイト内の整備です。加えて、サイト内のページ同士をつなぐリンクを言う、内部リンクの設定も内部対策にあたります。
内部リンクの対策は、ユーザーファーストの観点から、利便性の向上に役立っているのです。ユーザーがサイト内を自由に閲覧できるようにする(内部回遊)ことで、サイト内の滞在時間が増えるというメリットもあります。

外部対策

上位表示のために必要なSEO対策その3は、外部対策です。特に重要なのが、リンクを獲得する(被リンクを得る)ことです。Googleが掲げる10の真実でもあるように「多くのサイトからリンクされているサイトはいいサイト」という考えからきています。

中でも、質の高い被リンクを獲得することが大事です。ユーザーが知りたい情報を適切に提供しているような記事を作成しましょう。

SEOを理解してサイトへの流入を増やそう!

この記事では、SEOについて初心者でもわかるように解説してきました。おさらいをすると、SEOとは検索エンジンを使ったマーケティング戦略の一つのことを言います。

SEOについて決定権を持つ、Googleが最も求めていることはユーザーファーストであることです。ユーザーにとって有益な情報を提供しているか、見やすいサイトになっているか、という視点を意識してみてくださいね。

時間がかかるのと、専門性があるため手間だと感じる方もいるのではないでしょうか?私たちは専門性に特化した会社が1つになり、より良い条件でお客様をサポートしています。

▼ご興味がある方はこちらからご相談くださいませ!
https://atweb.jp/contact/



この記事を書いたライター

世界のNAKAJIMA
鰹が美味しい島から、ハイクオリティな制作サービスと五つ星情報をお届け!気まぐれ更新です。WEBデザイナー・ディレクター。
このライターの記事一覧
記事一覧に戻る
TOPへ戻る